新門司沖支援業務室は、九州地方整備局北九州港湾・空港整備事務所が施工する新門司沖土砂処分場地盤改良工事の実施にあたり、工事作業に関する情報、工事海域付近通航船舶並びに苅田港及び北九州港(新門司地区等)の入出港船舶に関する情報、気象海象等の各種情報を収集し、これらを検討分析して工事関係者及び航行船舶等に一元的に提供することにより、海上工事の安全と通航船舶の安全を支援しています。


お知らせ

 ・令和2年度新門司沖土砂処分場(Ⅱ期)工事は、令和2年9月30日から開始されます。
 ・令和2年度北九州港(新門司地区)航路(-10m)浚渫(暫定-8m)工事は、令和2年10月8日から開始されます。
 ・令和2年度北九州港(新門司地区)岸壁(-10m)築造工事(第2次)は、令和2年10月1日から開始されます。

 【航行船舶へのお願い】
  ・本工事区域内(灯浮標設置範囲)への入船は、危険を伴うことがありますのでお控えいただきますようご協力をお願いします。
  ・付近を航行するVHF装備船舶は、常時VHF16chの聴取をお願いします。
  ・新門司航路利用船舶につきましては、全長80mを超える船舶は行き会い調整を行う場合がありますので、事前に船名、全長等の情報を新門司沖支援業務室までご連絡をお願します。 また、全長160m以下の船舶で作業船の退避が必要な場合は、併せてその旨ご連絡をお願いします。
                                                                     【令和2年9月18日更新】

作業予定

令和 年 月 日 ( ) 【令和 年 月 日( )    更新】
工事件名 作業内容 作業時間 作業船 警戒船等
備  考
備  考
    
備  考

週間作業予定

令和 年 月 日( )〜 令和 年 月 日( ) 
工事件名
備  考